お問い合わせ

受付時間(月)~(金) 9:00~18:00
072-992-5452   FAX 072-992-5542 TEL 072-992-5452   FAX 072-992-5542 Mail : biz.info@mrt-sensor.com

赤い果肉のイチゴと、青々としたレタス、それぞれが美味しく育つための光は、同じではありません。
植物にとって美味しい光を作りたい!
電気メーカーの作る画一的なLED とは異なり、LED ライトバーは、植物ごとに、どんな光を好むか研究して作られています。

<研究方法>
晴天下で波長計に葉や果皮をかざし、吸収した太陽光の波長と反射した波長をそれぞれ測定します。
これにより、葉や果皮が必要とする波長を調べられ、植物ごとの最適な波長を、LED で再現することができます。
この方法で、植物や果物に最適な光のレシピをご提供します。

●リーフレタスの例

1.波長計にリーフをかざして、太陽光を照射します。

2.計測された吸収・透過スペクトル
赤色(660nm 近辺)と青色(450nm 近辺)に吸光ピークがあり、この波長がリーフの光合成に特に有効であることがわかります。

大豆や根菜には、太陽光を再現した光。
緑や紫を強調したい葉野菜には、青い光を強く。
美味しそうな赤い果実を作るには、730nm 近辺を強く。
植物の好む光を、ひとつの素子で再現できて、簡単に調整できます。
作物の商品価値を上げたい、研究のために効率的に栽培したい、という方にオンリーワンのLED ライトをご提供できます。

●JAXA に認められた植物実験ユニット

MRT は、JAXA 有人宇宙技術部門の研究用として、大阪府立大学大学院の技術指導を受けながら、様々な植物実験ユニット(PEU)を納品しています。
無重力で植物の生態変化を検証し、宇宙農場の実用化に近づけるための、基礎実験をする実験器です。
毎回実験目的が変わるので,形状や測定方法、植物も、その都度一品仕様で作っています。
写真は、本体をカーボンファイバーで製造したもの (植物を入れるチャンバーの大きさは□150mm)。温度・湿度・風速・EC・照度の各センサーを配置して、0.2~0.5秒間隔でデータを収集しました。温度制御にはペルチェを使用し、ペルチェの結露は根に供給するように配管しました。
光源は、太陽光を再現できるように、アルミヒートシンクに、400, 450, 525, 660, 730, 5000K, 3000KのLEDを手作りで接続しました。、PPFDは、10cmで約350μmol/㎡/s)でした。

PAGE TOP